即日融資!審査で失敗しない~おすすめキャッシング比較~ 目的でおすすめのカードローンが変わる

自分に合ったカードローンでキャッシングをしよう

すぐにお金が必要だからといって、何も考えずにカードローン審査に申し込むのはおすすめできません。収入額や社会的な立場などによって、おすすめのカードローンはそれぞれ違います。たとえば、専業主婦でキャッシングする場合には、銀行カードローンを利用するしかありません。収入があり、とにかく早くキャッシングしたい場合には、即日融資対応の消費者金融を利用すべきでしょう。

目的で選ぶ【タイプ別】カードローンランキング

みんなが選ぶ【厳選】カードローン
自分におすすめなのは?

編集部イチオシ!人気カードローン

カードローン完全解剖~借りる前に読むべき情報まとめ~

【おすすめ】カードローン審査と即日キャッシング|100%成功する方法!

複数枚のカード

最近では、主婦の方、アルバイト、パートでお勤めの方、派遣・契約社員、自営者、シニア世代、学生まで、多くの方が「カードローン・キャッシング」を利用しています。

本サイトでは、人気のカードローン審査や、即日キャッシングに「100%成功できる方法」を紹介したいと思います。ぜひ、今後のカードローン選びの参考として、ご活用ください!

カードローンの最大のメリットは「低金利で即日融資」

まずは、カードローンのメリットを5つ紹介しましょう。

カードローンを利用するメリット5つ

  1. 利息が低く、クレジットカードよりお得!
  2. 銀行がバックアップしているので安全!
  3. 主婦やアルバイト、パートの方でも申込OK!
  4. 所得証明書不要なローンが多い!
  5. 即日融資に対応している!

①〜⑤について、以下で詳しく説明します。

メリット①利息が低く、クレジットカードよりお得!

働く女性カードローンは全体的に利息が低く、中には「最低金利2.0%」のローンも存在する程です。こうした「低金利ローン」を使えば、返済の負担が少なく、安心してキャッシングが利用できます。

ちなみに、クレジットカードでキャッシングをすると、15.0%〜18.0%近い利息が掛かってきます。このため、カードローンで借換をすれば、月々の返済負担が少なくなります。

利息0円でキャッシングできる、お得なローンがある♪

一部のローンでは「無利息期間」を設けています。無利息期間とは、契約(もしくは、初回の借入)から1カ月間は「利息0円」でキャッシングできるサービスを指します。

こうした「無利息サービス」があれば、給料日までの数日「つなぎ融資」として使うことが可能です。

また、一部の銀行では「180日間無利息サービス」を設けています(※ ただし、5万円以下の借入のみ)。少額融資を利用される方は、長期無利息ローンを上手に活用しましょう。

メリット②銀行がバックアップしているので安全

カードローン会社の多くは「銀行のグループ会社」が運営しており、低金利で融資を行っています。融資の種類は、銀行ローンのほか、銀行系ローン、非銀行系ローン、信販系ローンの「計四種類」に分けられます。

「ローン」の種類は、4つある!
銀行ローン 総量規制外
銀行系ローン 総量規制が適用される
非銀行系ローン 総量規制が適用される
信販系ローン 総量規制が適用される

※総量規制については、本項後半で解説します。

銀行ローンとは、銀行が直接融資を行うローンを指します。これに対して「銀行系ローン」とは、銀行の子会社やグループ会社が融資を行うローンを意味します。

例えば、日本を代表する大手メガバンクの「三菱東京UFJ銀行」の子会社には「アコム」があり、銀行並の低金利でローンを扱っています。同じく、三井住友銀行グループには、カードローンの「プロミス」や「モビット」があり、幅広い世代に人気があります。

「消費者金融」と聞いて、何となく怖いイメージを連想する方も多いのですが、多くのローン会社は「銀行の傘下」に入っており、誰もが安全に利用できます。

信販系とは、信販会社(クレジットカードを発行する会社)が扱うローンを指します。クレジットカードより金利が低く、銀行や銀行系に次いで人気があります。

また、非銀行系のローンでも「実績のあるローン」なら安心です。例えば、バナナマンのCMでおなじみの「アイフル」など、貸付実績が多く、人気の高い「非銀行系ローン」も存在します。

総量規制とは?

総量規制とは「年収の3分の1以上の借入」を規制する、貸付のルールを指します。総量規制の本体となる「貸金業法」は、2006年12月20日に施行されました。また、総量規制を含んだ重要な事項は、2010年6月18日に完全施行されています。

総量規制は、消費者金融(銀行系・非銀行系ローン)のほか、信販系のローン、クレジットカードのキャッシング利用分が適用を受けます。

銀行ローンは「銀行法」によって管理されており、年収による規制は受けません。また、消費者金融の借入でも「おまとめローン」や、他社からの借り換えローン、自営者ローンは「総量規制外」として、例外的に審査が行われます。

メリット③主婦やアルバイト、パートの方でも申込OK!

カードローンは職業を問わず、誰でも自由に利用できます。お勤めの方であれば、主婦の方、アルバイトやパート、派遣社員、契約社員、学生、シニア世代の方でも、カードローンが利用できます。

パソコンと計算機

年々「貸付条件が緩やか」になる、カードローン業界

数年前までは「年収300万円以上」といった、年収制限付きのローンが多かったのですが、ここ数年のうちに「年収制限なし」のローンが、大半を占めるようになりました。

実際に、年収が100万円以下の方でも、銀行や銀行系列のローンが利用できます。年収が少なければ「融資される金額」は少なくなりますが、年収の3分の1を上限として「利用可能枠」が設定されます。

財布例えば、年収60万円の方なら最高20万円の「カードローン利用枠」が設定されます。また、銀行ローンの場合は「総量規制の対象外」となっており、年収による貸付制限はありません。

ただ(銀行ローンでも)無制限に借りられる訳ではなく、年収に応じた「無理のない金額」が設定されます。返済負担が重くならないよう「過度のキャッシング」は控えるようにしましょう。

銀行ローンなら「専業主婦の借入」もOK!

銀行ローンの一部では、専業主婦にも(ローン)融資を行っています。家族の方に「安定した収入」があれば、専業主婦でもカードローンが申し込めます。

多くの場合、配偶者の年収を元に「借入可能枠」が設定されます。例えば、配偶者の方が年収600万円であれば、借入可能枠は「200万円以内」で設定されます。

ただし、配偶者の方が他のキャッシングで借入をしていれば(想定可能額の)200万円から相殺した金額を「借入可能額」として設定します。銀行は原則「年収による制限」を受けませんが、年収の約3分の1が「借入可能額」として割り当てられます。

ATMと女性まずは「いくら借りられるのか」年収を元に計算してみましょう。金融機関の各サイトでも、借入額のシミュレーションが行えます。

また、簡易審査を受ければ「審査に受かるかどうか」簡易結果が確認できます。審査に自信の無い方は先に、簡易審査を受けてみてください。わずか数秒で結果が分かり、ローンの参考として役立ちます。

メリット④所得証明書不要なローンが多い!

一部の銀行ローンでは「100万円の借入まで、所得証明書不要」としています。また、貸し付け条件の良い銀行では「300万円まで、身分証明書だけで融資可能」と定めています。

こうしたローンを利用すれば(実質)免許証やパスポート、保険証だけでカードローン契約が完結できます。 また、消費者金融の大半は「50万円まで所得証明書不要」としています。

融資をお急ぎの方は、これら「所得証明書不要のローン」を利用しましょう。用意する書類が少なく、即日融資にも最適です。

自営者と「所得証明書」について

ここ数年の間に「所得証明書不要ローン」の取扱件数が増えてきました。所得証明書不要ローンは、給与明細や賞与明細、源泉徴収票などの提出が必要無く、実質「身分証明書」だけで融資が受けられるローンです。

ただし、自営者や会社経営者の方は「例外」となり、借入額に関係なく「所得証明書の提出が必要」です。同様に自営者向けローン、事業者ローンに関しても、所得証明書の提出が求められます。

一般にお勤めの方(給与所得者)以外は申込の際、注意をしてください。

メリット⑤即日融資に対応している!

カードローンの良い点は「即日融資に強い」点です。クレジットカードの場合、申込から、審査、カードの発行まで最短1週間の時間が必要です。しかし、カードローンなら最短即日中に融資が受けられ「急なお金のピンチ」にも、迅速に対応できます。

カードローンは「最短30分」で審査が終わる!

銀行・銀行系を問わず、カードローンは「最短30分で審査結果」が分かります。インターネット経由で申込をすれば、わずか数秒で振込キャッシングが利用でき、お急ぎの方にもおすすめです。

即日融資を希望される方は「即日融資可能」と書かれたローンを利用してください。中には、土日や祝日でも融資可能なローンがあります。また、無人契約機や銀行でカードが受け取れるローンもあるので(受け取りの際)便利です。

カードローンは、スマホや携帯から「24時間」申し込める!

パソコンが無くても、スマートフォンや携帯電話からカードローンが申し込めます。各カードローンの公式サイトにある「ネット申込」のページから、カードローンを申し込んでみましょう。

ネット経由であれば「申し込む場所を選ばない」ので便利です。勤め先や出張先、旅行をしている間でも、自由にキャッシングが利用できます。

カードローンのキャッシング方法「当日受け取り」のコツ

メリットを見た後は、カードローンのキャッシング方法について説明しましょう。

スマホカードローンは、ネットを使った「振込キャッシング」のほか、提携ATM(コンビニも含む)、無人店舗、提携銀行でキャッシングが行えます。

最も便利なのは、ネットを使ったキャッシングで、手続きから数秒でキャッシングが利用できます。「ネットキャッシング」の方法については、以下で詳しく説明しましょう。

ネットキャッシングなら、わずか数秒で融資が受け取れる!

ネットバンク口座をお持ちの方なら、インターネット経由でキャッシングできます。例えば、ローン会社提携の口座であれば、真夜中や早朝でも、わずか数秒で必要な現金が受け取れるので便利です。

ただし、受け取りは「本人名義の口座」に限られます。他人名義の口座には振り込めないので注意しましょう。他社への支払い予定があれば、一旦自分の口座に振込を行い、その後、振込手続きを(自ら)行うようにします。

振替返済の予定があれば、振替をする「自分名義の口座」に向けて、振込キャッシングを利用しましょう。カードローンとネット口座を紐付けておけば、キャッシングや支払いの際、便利です。

「在籍確認」は、意外な方法で回避できる!

カードローンの利用で、なるべく「避けたい」のが、電話による申込確認です。特に「職場に電話が掛かってくるのが不安」と感じる方の数は多く、電話連絡が嫌で「ローンの申込を諦めた」という方もいる程です…。

職場への電話連絡のことを「在籍確認」と言います。電話連絡が苦手な方は「在確なし」のローンを選択しましょう。

在籍確認なしで、カードローンを取得するコツ!

数は少ないですが、ローンの中には一部「電話確認なし」のサービスが存在します(例:モビットやプロミスのWEB完結サービス等)。

また、在籍確認を避けたい方には、一部「給与明細や社員証、保険証の提示」で電話連絡を省略してくれるケースがあります。電話を受けるのが嫌という方は、申込の後(オペレーター等に)在籍確認の相談をしてみましょう。

クレジットカード多くの場合「電話確認が必要」ですが、周りに知られないための工夫や方法はたくさんあります。まず、電話を掛けて欲しい時間帯や、担当者の性別について(こちらから)指示をしましょう。

どのローン会社でも(電話に関する)細かな要求を聞いてくれます。担当者が知人や家族を装って電話を掛けるなど、打ち合わせ次第で「万全の対策」が施せます。

また、本人以外に「何の目的で電話を掛けたのか」は、一切告げられません。これなら、誰にも内緒でローンを組むことが可能です。電話連絡が苦手な方は、上記の方法で審査を受けてみてください。

まとめ|カードローンで100%成功するキャッシングを実現

いかがでしたか?「急なお金のピンチ」でお困りの方は、即日融資に対応したローンを申し込んでみてください。

即日融資は、銀行ローンのほか、銀行系のローン会社、非銀行系の消費者金融ローンで取り扱いがあります。まずは、お手持ちのパソコンやタブレット端末、スマートフォン、携帯電話から申込をしてみましょう。インターネット経由で申込をすれば、最短でキャッシングが利用できます。

このほか、金利の負担を抑えたい方には「無利息サービス」もおすすめです。さまざまなローンを比較して「自分に合ったローン」を見つけてみてください。

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2016 Agoora.inc.

TOP